水間条項 日本再興(214)



■【水間条項から転載】
超拡散《オリンピックの感動を盛り下げる男:竹田圭吾》


■ロンドンオリンピックの感動場面を繰り返し観たくて、
情報番組をいろいろチェックしている皆様は、
フジテレビやテレ朝にコメンテーターとして出演している、
竹田圭吾・元ニューズウィーク日本語版編集長のオリンピックに関するコメントに
しらけている方が沢山いらっしゃると思っています。

竹田氏は、2010年2月14日、フジテレビの情報番組にコメンテーターと出演していたとき、
番組がバンクーバーオリンピックでのスノーボード日本選手の
制服の着こなしがだらしないと大問題になっていました。

その時、コメンテーターとして同席していた元シンクロメダリストの小谷実可子さんが、
自分が出場したオリンピックの「選手心掛け手帳」を取り出し読み聞かせ、
そのだらしなさすぎる着こなしを批判すると、隣り合わせの竹田氏が
「そんなのこと大したことじゃ無い」などと発した途端、
小谷さんは、竹田氏を睨みつけ「さっきあげたチョコレートかえしてください」
(当日はバレンタインデーで生番組)と、
怒りをあらわに発するとスタジオが凍りついていたのです。

竹田氏は、我が国の名誉とか誇れるものに関して、水を差すコメントを発していたが、
今回メダルラッシュでスタジオ中が盛り上がっていても、ふてくされた表情をしています。

司会者もその態度に気付いていてか、竹田氏にあまりコメントを振ることはないようだが、
たまに振られると、とってつけたコメントをしています。

何故、日本中が沸き立っているオリンピックが嫌いなのか分かりませんが、
民放のテレビ電波は国民の財産であり、
そのテレビで商売をしている竹田氏の姿勢は背信行為なのです。

竹田圭吾氏は、日本が嫌いなら、日本国民の財産で商売をすることは矛盾しているのです。

※ジャーナリスト水間政憲;http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。