水間条項 国際戦略(208)



■【水間条項から転載】
緊急拡散
《オリンピック国際委員会は
韓国サッカーの銅メダルを剥奪せよ》


■ロンドンオリンピックサッカー日韓戦後にオリンピック憲章に違反して、
「独島は我が領土」と書いたプラカードを掲げた政治的パフォーマンスを実行した
パク・ジョウン選手に対して、オリンピック国際委員会は
パク選手の表彰式への出席を禁止しました。


この非常識な行為は、なにもサッカー選手だけの問題でなく、
女子バレー日韓戦に於いても、主審の判定になんども執拗に食い下がっていた
見苦しい姿をさらけ出していました。

今回の一件は、ソウルオリンピックのボクシングの会場で、
韓国選手が負けると会場の担当者が、
照明を切って世界中に恥を晒したことと同等の暴挙です。

韓国選手の行為は、竹島が日本領土と認識しているからこその
パフォーマンスと見るとわかりやすいでしょう。

それは、韓国の国定教科書で、小学生にも分かるように「竹島は日本の領土」と、
証明していたことでも分かります。

◆下記の動画で確認してください。

★ 第4回 韓国が竹島だと主張している島は、全く違う島だった!

韓国が竹島だと主張している島は、全く違う島だった!
日本に1冊だけ現存している「大韓地誌」は竹島が日本領であると証明している。
韓国は竹島の古い名称を「干山(うざん)」だと言っているが、
2006年版 韓国の国定高校歴史教科書によると「干山(うざん)」は
全く別の場所にある小島だった。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Y2s93AO1GWU&feature=youtube_gdata



■文科大臣を務められ「ゆとり教育」を廃止し、
平成の教育改革に大鉈をふるわれた中山成彬先生から、
ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』(PHP研究所;石原都知事推薦)を評し
「日本人がこれを見れば自信を持って主張するようになるでしょう。
一部のどうしょうもない反日分子を除いて。
是非国民が一冊ずつ持つ愛読書になってほしいと願っています」と、
皆様へ激励のメッセージをいただきました。

★『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、
地方紙の週刊書店ベストセラーランキング入りを目指し、
札幌・新宿・梅田・福岡紀伊國屋書店本店並びに
各紀伊國屋書店や紀伊國屋書店のWEBで優先的に
購入をしていただければと思っております。

【紀伊國屋書店のWEB】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4569806864.html

★こちらからの嫌がらせで、アマゾンを利用されていらっしゃる方は、
アマゾンでもと思っております。



※ ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-591.html?cr=ba5237382c263b508786a3b46575c7c8》(条件;上記全文掲載)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。